サイトへ戻る

子育て中の方必読!出藍の秘訣は「驚く」こと

勉強を教えてできるようになることも大事ですが、それ以上に本人の興味関心を引き出すきっかけの提供が親としては大事ですね。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「驚く感性」こそ重要

 ある日、父から薦められてレイチェル・カーソン著『センス・オブ・ワンダー』を読んだ。自然界の美しい写真が並んだ写真集といったほうがよいような体裁で、掲載されている文章は、ごく短いもの。けれど、この本を読んで私は衝撃を受けた。「そうか、「出藍」の秘訣はここにあったのか!」

 その本でカーソンは、甥のロジャーと共に夜の海辺や雨の森に探検に出かけ、自然の雄たけびのすさまじさ、露に輝く美しさに心震わせる。波打ち際を共に歩き、ヒトデやカニを見つけては、二人にだけ通じるニックネームをそれらにつけ、楽しむ。そんな姿を描いている。

 その中で大変衝撃を受けたのが、次のようなくだり。カーソンは、生物の名前を覚えることは重要ではない、それよりも、自然の不思議さ、生命の神秘さに目を瞠り、驚く感性(センス・オブ・ワンダー)こそが重要だと指摘した。

 私はそのくだりを読んで、天地がひっくり返るほどの衝撃を受けた。それまで私は塾で、いかに子どもたちに物事の名前や年号を覚えさせるかに腐心してきた。ところがカーソンは、そういうことは重要ではないという。それよりも、共に自然や生命の美しさ、神秘さに共に驚き、楽しむことが重要なのだという。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

勉強を教えてできるようになることも大事ですが、それ以上に本人の興味関心を引き出すきっかけの提供が親としては大事ですね。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「驚く感性」こそ重要

 ある日、父から薦められてレイチェル・カーソン著『センス・オブ・ワンダー』を読んだ。自然界の美しい写真が並んだ写真集といったほうがよいような体裁で、掲載されている文章は、ごく短いもの。けれど、この本を読んで私は衝撃を受けた。「そうか、「出藍」の秘訣はここにあったのか!」

 その本でカーソンは、甥のロジャーと共に夜の海辺や雨の森に探検に出かけ、自然の雄たけびのすさまじさ、露に輝く美しさに心震わせる。波打ち際を共に歩き、ヒトデやカニを見つけては、二人にだけ通じるニックネームをそれらにつけ、楽しむ。そんな姿を描いている。

 その中で大変衝撃を受けたのが、次のようなくだり。カーソンは、生物の名前を覚えることは重要ではない、それよりも、自然の不思議さ、生命の神秘さに目を瞠り、驚く感性(センス・オブ・ワンダー)こそが重要だと指摘した。

 私はそのくだりを読んで、天地がひっくり返るほどの衝撃を受けた。それまで私は塾で、いかに子どもたちに物事の名前や年号を覚えさせるかに腐心してきた。ところがカーソンは、そういうことは重要ではないという。それよりも、共に自然や生命の美しさ、神秘さに共に驚き、楽しむことが重要なのだという。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK